思わず心を

愛知県名古屋市のJR尾頭橋駅から徒歩8分。
住宅地にひっそりと佇む、レトロな雰囲気が特徴の
VORACE早川~ヴォラス ハヤカワ~。
オープンキッチンで炉端焼や鉄板焼の香ばしい香りが漂う、
美味しいお料理と居心地の良い空間が特徴のお店です。
居心地の良さは懐かしさを感じるから。
あの時代が戻ってきたような感覚に心躍ります。
今夜は時間を忘れて、ノスタルジックな空間で、
美味しいお料理とお酒を楽しみながらお過ごし下さい。

昭和なモノたち

店内にはレトロな小物がいっぱい。
面白い置物やポスターなど、 じっくり見て過ごすのも当店の楽しみ方の1つです。

白黒テレビ

白黒テレビ

テレビ放送をNHKが開始したのが昭和28年
サラリーマンの月給が3万円の時代に
1台30万という価格で販売されていました。
昭和32年になると一般家庭向けに国産初のカラーテレビが発売。
テレビ・冷蔵庫・洗濯機が「3種の神器」と呼ばれるように
なったのは昭和35年頃のことです。

黒電話

受話器と送話器が一体化した、
現在の形式の電話機になったのが昭和8年。
昭和37年には600形電話機という完成された電話機に。
当時家庭用電話器は黒電話と呼ばれていましたが、
昭和46年からはホワイト、グレー、グリーンの3色の
カラーバリエーションも誕生しました。

黒電話

たばこ

たばこの看板

近年では昔ながらの街角のたばこ屋さんは
あまり見なくなりましたが、
高度成長期時代、たばこ販売店は道案内や 、
一服の場として大きな役割を果たしていました。
赤い看板を目印に様々な人々が集い、
ただ、たばこを求めに来るだけでなく、
情報交換の場としても機能していました。

仕事帰り

なんか落ち着き

初めてとは思えないぐらい落ち着いてしまう。 VORACE早川はそんな不思議な場所です。
温かい雰囲気の木目調の店内は昭和の雰囲気を漂わせるだけでなく、 まるで昔訪れたおじいち
ゃん、おばあちゃんの家のよう。 家に帰ってきたような、ゆったりお寛ぎ頂ける空間です。
仕事帰りに、一人飲みに。
香ばしい香りに誘われて気軽にふらっとお立ち寄り下さい。

  • オススメのメニュー
  • 宴会や歓送迎会

カウンター13席

ゆったりお過ごし頂ける掘りごたつ席。
4人用テーブルを3つと、
人数に合わせてカスタマイズ可能なテーブル席もご用意しております。
ご予約の際にお気軽にご相談下さい。

お席の指定もOK!

広々としたテーブルはスタッフとの良い距離感を。 近すぎず、遠すぎない。
居心地の良い空間作りを心掛けています。

※足を伸ばして寛げる掘りごたつのカウンター席なので、 ご年配の方でもごゆっくりお過ごし頂けます。

テーブル席

お問い合わせ

店内見取り図